はずれブログへようこそ
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
メロ・スレイヴ 第一話
2006-06-20 Tue 09:22
「だー。あー、もう。やってらんねぇ。知らねえよもう、メロ・スレイヴの歴史なんて。」
「まあまあ。課題で出たんだから素直に答えておこうよ。」

 戦線離脱を告げるバル=フラインをルームメイトで親友のカムイ=ルーファスが手馴れた様子で引き止める。

「だってよカムカムぅ、万引きがテレビのニュースになるようなご時勢だぜ? 今更あんな歴史掘り返してどうしろってんだよ。」
「や、俺に聞かれてもなあ。」

 バルの言葉は的を射ていた。
 確かにここ数十年、これといった事件もなく平和そのものだった。おかげで街には娯楽があふれ昼夜を問わず賑やかで笑いが溢れている。それが事件と言えば事件なのだろう。それくらいに平和を保っていた。そんな中で育った学生を「メロ・スレイヴの戦争の歴史について調べろ」なんて課題が出てもピンとこないのも無理はなかった。ましてや過去、現実に起きた事実など・・・。

「そんなことより明日の晩飯の献立の方が気にならね?」
「ははっ、全くだ。」

 これにはカムイも苦笑い。

「だろ? つーわけで、よろしく。」
「なんでそこに行き着くんだよ。だいたい今月だけで何回目だ?」
「いーじゃんか、な。頼りにしてるんだから。」
「ったく。じゃ、今週の昼飯はバル持ちな。」
「へ~い。って今週全部かよ、それは・・・。」
「自分でやるか?」
「・・・分かったよ。」

 カムイから出されたややきつめの条件を渋々承諾する。

 つまりカムイの物を写してくれ、代わりにバルがカムイの今週の昼飯を持つということだ。バルは自分が気に入らない課題はしばしばこうして他人回せにして逃げることがあった。最近は特に。
 バルはカムイからノートを受け取ると手馴れた手つきで写していく。――もちろん丸写しでなく所々のニュアンスの変更や誤字脱字を忘れない。

「じゃ、行って来ます。」
「はいはい、見つかんなよ。」

 そうしてバルは軍事学校の寮を抜け出し、気際う繁華街へ繰り出して行った。

 変わらない日常。平和な日々。それらは後に来る壮大な物語の、文字通り嵐の前の静けさだった。
★ メロ・スレイヴ 第一話の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
メロ・スレイヴ
2006-05-31 Wed 19:17
 静かな夜だった。
 虫たちが光満ちた月を讃え、風さえもそれに続く。かつて起きた最悪の戦争の名をそのまま留める大地――メロ・スレイヴ。二度と繰り返さない為にあえて残された名も現在では“繁栄都市 スレイヴ"として世界各地に広く知られている。

 “貴族と戒律の街 ドムドーラ”
 スレイヴよりは小規模だが人々の交流が盛んで、メロで唯一『軍事学校』が在り、この物語の主人公が住む街。そして、彼の負の感情を宿した一声によって月の儀式は幕引きとなった。
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新企画
2006-05-13 Sat 02:26
小説の設定を簡単に公開


~歴史~

人間がいた

戦争をはじめた

一方は魔法を駆使して 一方は機械を駆使して戦う

前者はより強力なものを求め、やがてコントロールがつかず暴走をはじめる

後者は人間と機械の融合(サイボーグ化)に成功

後者で内乱が起きる

前者から妖魔が召喚される

~現代~

・魔法によって文化を確立させた人間
・機械によって文明を確立させた人間
・サイボーグ 静かに暮らすことを望む
・妖魔 すべてを無に帰すことをのぞむ

~世界観~

世の中には現実世界と精神世界が存在。
混沌の海に突き刺さった杖に現実世界が広がり、それが水面に写ったものが精神世界。

混沌の海
魔力が液状になったもの。すべての礎。

魔法
カオスワーズにより呪文を紡ぎ、因果律を崩壊させて精神世界から魔力を召喚させる技術。魔力自体には特に影響はないが呪文の工夫により様々な効力を付加させることが可能。

因果律・カオスワーズ・呪文
現実世界と精神世界を繋げる理。因果律に干渉する物が呪文で、その単語がカオスワーズ。
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| アンダンテ~歩くほどの速さで~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。